最近のトラックバック

無料ブログはココログ

建築

2013年11月 8日 (金)

定期講習

は・・早い。

もう3年経ったのか。

3年毎に受けなければならないと義務付けられた「建築士定期講習」である。

面倒なことは早く済ませた方がいい。
今月の28日、埼玉建産連研修センターで受講することにした。

平成24年度講習より受講手数料が15,750(税込)から12,900円に改訂されたが、それでも高い。

姉歯めぇ~!!・・・とは今更云わないが、も少しお手頃値段でお願いしたいものだ。

Teiki01_2

2013年3月 4日 (月)

建築基準法

建築基準法を学んでいる。

Kennchiku01

復習している。

予習している。

??

どっちでもいい。
とにかく勉強している。

CADの先生が、何故「建築法規」や「構造の基本知識」の授業を担当する羽目になったのか。
3月8日から、担当する学科の授業が始まる。

そんなわけで、復習といえば復習だし、予習といえば予習だ。

いやいや、構造の仕様規定やら防火区画やら・・・

しかし、法文はもっと解りやすくならないもんかのう。

『以上』『以下』『超える』『未満』から始まって『及び』『並びに』『又は』『若しくは』『かつ』『準用する』

え~い!!

終いにゃ『ただし、・・・この限りではない』 と来るもんだ。。。

国語の復習から始めるかい。(--;)

2013年2月 9日 (土)

ヨーカン基礎

あっま~!! ( ̄ロ ̄)

ミニストップのくじ引きで『宇治抹茶ラテ』をGET。
抹茶とあるから甘さ抑えめと思ったが甘かった。

Maccyalate02

さてこの「甘かった」は考えが甘かったのか、宇治抹茶ラテが甘かったのか・・・。
両方ともとっても甘かった。

さてさて。

長年建築の世界に身を置いているが、初めて聞いた名称『ヨーカン基礎』

Yokankiso03

知らないと恥ずかしい言葉なのか。
ほとんど使われていない言葉なのか。

建築用語には形状が似ていることからそのものの名称になっているものがたくさんある。
基礎でいえば『布基礎(ぬのぎそ)』『筏基礎(いかだきそ)』など。
他にも『イスカ切り』や『稲妻筋(いなづまきん)』『帯筋(おびきん)』『肋筋(あばらきん)』などなど。

『ヨーカン基礎』も形状から来た言葉なのか。
「羊羹」??・・・「洋館」??・・・地名の「遥堪」??

それとも建築っぽく「擁壁(ようへき)」の擁の字が入った言葉か。

たぶん「羊羹」であろう。

鉄筋のスペーサーに『コンクリートヨーカン』というものがある。
羊羹のような形の四角柱のコンクリート棒。

私の苦手な甘~い「羊羹」だろうね。
羊羹に似ているんだろうね。。。たぶん。

図面や現場を見る限りでは普通の基礎。

だれか知っている人がいたら教えてくだされ。

2013年1月10日 (木)

プラン中

図面の手描き時代は終わったとはいえ、プランは今でも手描き作業。
方眼紙を置き、デスクに向かう。

130110plan07

私は手描きで図面を描くのが好きだった。

今思えば、最初に師事した先輩がきれいな図面を描く人だったからよかった。
図面はこう描かなくてはいけないと思った。
先輩と同じ文字を書いた。

ナンテ・・ついつい手描き時代を懐かしむ。

CADが主流になり、10人が10人同じ図面が書けてしまうと思った。

でも違った。

見づらい図面も多い。。分かりづらい図面も多い。。。

10人が10人同じ図面を描かない。

さてさてプランプラン。φ(..;)

2012年12月 5日 (水)

建築士事務所立入調査

お久しぶりである・・・。

また新たに5人のニセ建築士が発覚した。
1人は大手建築設計会社「日建設計」の社員が建築士免許の写しを偽造、千葉県内の6階建てSRC造ビルを設計。
4人は大手ゼネコン「大成建設」の社員で、設計には関わっていなかったが1級建築士を詐称。

これで1級建築士の詐称は計20人になった。

現在、埼玉県では建築士法の改正を受け、設計等の業務に関する報告状況など、法で求める事務所管理などについて、建築士法第26条の2第1項に基づいた立入調査が行われている。
県内すべての建築士事務所に対し実施するというものである。

建築士事務所の適正な運営について

①建築士事務所登録を要する業務(建築士法第23条第1項)

1.建築物の設計
2.建築物の工事監理
3.建築工事契約に関する事務
4.建築工事の指導監督
5.建築物に関する調査または鑑定
6.建築に関する法令又は条例に基づく手続きの代理

②帳簿の備付けについて(建築士法第24条の4第1項、規則第21条第1項~第3項)

建築士事務所の開設者は、①の業務について次の事項を記載した帳簿を備え付け、事業年度終了から15年間、事務所に保存しなければならない。
記載事項次の通り。

1.契約の相手方の氏名又は名称
2.契約の年月日
3.業務の種類及びその概要
4.業務の終了の年月日
5.報酬の額
6.業務に従事した建築士及び建築設備士の氏名
7.業務の一部を委託した場合にあっては、当該委託に係わる業務の概要並びに受託者の氏名及び住所
8.建築士法第24条第3項の規定により意見が述べられたときは、当該意見の概要

書式は、法令等で決まっていないので、任意の書式で備える。

③書類の閲覧について(建築士法第24条の6、規則第22条の2)

建築士事務所の開設者は、次の事項を記載した書類を事務所に備え置き、設計及び工事監理を委託しようとする者の求めに応じ、閲覧させなければならない。
当該書類は、事業年度経過後3か月以内に作成し、3年間、事務所に備えなければならない。
記載事項次の通り。

1.建築士事務所の概要
2.建築士事務所の業務の実績
3.所属建築士名簿
4.所属建築士の業務の実績

書式は、建築士法施行規則第22条の2第2項(第7号の2書式)で決まっている。

そして今日、我が事務所に家宅調査・・・元い、「立入検査」が入った。

Tachiiri01

後ろめたいことはないから「どーぞどーぞ」てなもんである。

しかし、帳簿の備え付けについてはひと言申す。
どーせ建築士法を改正するなら、もう少し現状に即した内容にするべきではないか。

私の場合、元請以外は「発注」も「受注」もネット上で行う業務が多い。
一度契約を交わし、その後一式いくらの業務を行う上では、業務ごとの内容をいちいち帳簿になど出来るものではない。
ましてや個人情報に対する規制が高まる中、業務終了後速やかにシュレッダー等での資料破棄を求められるケースもある。

下請け業務の場合は、契約書の備え付けだけで十分では??と思った次第である。
2人の監査担当員も苦笑いしていたわな。(;^^A 規則ですから・・・

保存期間はさておき、すべて紙ベースで備え付けねばならないのはインクと紙と保管場所のムダ。
昔に比べて建築士事務所の業務形態も内容も多様なのである。

一考を。

今回の立入検査結果。

立入検査で指導を受けた下記の事項について改善の上報告してください。

7) 帳簿の備付け等【士法第23の6】
9) 業務実績等の書面の閲覧制度【士法第24の6】

だってさ。。。
印刷して綴じるだけだから簡単と云えば簡単なのだが。。。( ¨)

2012年8月24日 (金)

事務所登録更新

うわ・・もう金曜日かよ。
早え~なあ。

仕事が一段落した。

次の仕事も待ち構えているのでちょっと英気を養いたいところだ。
ところがそうも云っていられない。

この仕事の一段落は、やらなくちゃいけなくて忙しくて出来なかったことをやれという意味なのか。

仕事場の掃除??
いやいや、それはいい。

『事務所登録期間満了のお知らせ』が来ていたのだ。
「あなたの1級建築士事務所登録は平成24年9月5日で登録期間が満了となります。」

面倒くせえ。
更新なのだからもう少し簡略化出来ないものか。
提出書類が新規登録とほとんど変わらない。

面倒くせえ。

でもやらなきゃ・・・と、午前中をかけて作成。φ(..;)

Jimusyotouroku01

今ちょうどお昼・・・
これから、さいたま市南区の「埼玉県建築士事務所協会」まで行ってくる。

市役所に寄って「住民票」も取らなきゃ。

面倒くせえええええええ。

外暑そ。

2012年8月12日 (日)

プランニングの盆

世間はお盆休みに突入か。

現場もお盆休みに入り静かなものである。
会社にもよるが、基本的に大工さんは日曜日しか休まない。
休まなかった??・・・

しかし最近では近隣の要望もあり、夕方5時過ぎの音の出る作業や土曜祝日の作業を自粛しなくてはならないケースも増えている。
日曜日しか休まない代わりに盆と正月をたっぷり休むという話を聞いていたが、今はだいぶ事情が変わってきているようだ。

天候にも左右される現場。
短期間で終えなくては利益にならないという大工さんにとって、余儀なくされる週休二日はうれしくない。

私の盆休みはというと・・・

15日に恒例の名栗川バーベキュー。
息子が幼稚園の頃からだからもう10年以上続いている。
今年は総勢21人+一匹(ダックスフンド)。

そんなわけでそれ以外は仕事仕事。。。プランニングの日々が続いている。

ご主人と奥様の意見がなかなか合わない。
よくあるケースである。

Prezen04

狭い敷地に五つ目のプランです。。。

なんとか折り合いを。

2012年8月 4日 (土)

屋根勾配

「屋根形状を少し考え直してみようか」と先日書いたが、外観を含め練り直した。

実は「太陽光発電」を利用したいというのである。

太陽電池モジュール、いわゆる「太陽電池パネル」の設置には理想的な設置条件がある。

1.設置方位は真南
2.屋根勾配は30度前後

建築では屋根勾配を尺貫法で表す。
いわゆる「3寸勾配」とか「5寸勾配」というやつである。
時々、「3寸勾配」は30度のこと??・・と聞かれるがそうではない。

「3寸勾配」というのは、10行って3上がるという勾配のことである。
計算をすると「16.6992°」になる。

解りやすい例は「10寸勾配」・・10行って10上がる勾配だから「45度」ということになる。
45度の三角定規と同じ勾配である。

では、太陽電池モジューを設置する屋根の理想的な勾配は何寸勾配にすればよいか。

尺貫法勾配「5寸」=分数勾配「5.0/10」=角度「26.5650°」
尺貫法勾配「5.5寸」=分数勾配「5.5/10」=角度「28.8108°」
尺貫法勾配「6寸」=分数勾配「6/10」=角度「30.9638°」

てな具合で、答えは「5.5寸~6寸勾配」になる。

30度前後なので、±10度前後程度であれば発電量はそれほど低下しない。
ちなみに30度を100%としたとき、20度では約98%の発電量になる。

そこで、本計画の屋根勾配を「3.5寸」から「5.5寸」に変更。

建築面積に算入しないバルコニーの条件として、通風性のない手摺は不可と指導有り。

M_tei04
左:最初の計画、右:変更後の計画。

なかなかいいんでない。(^^)

2012年7月30日 (月)

プレゼン(その2)

中身で勝負だぜ~!! (^^)d

と云いながら外観パースを提出したら・・・

「中身じゃなくて外観じゃねーか!!」
というコメントが来たかどうか。

「そーゆー意味じゃないんだよ。仕事の中身ってことだよ!!」
という返答をしたかどうか。

建物の中身もありますがな。。。

お客様にはなんとか気に入ってもらえたようだ。
名のあるハウスメーカーを押しのけるのは気分がいい。

「中身で勝負だぜ~!! 」と云いながら、見た目重視のプレゼンが大事ってのは皮肉だ。
同じプランでも、専門知識のないお客様の心を惹くか惹かないかはプレゼンで大きな差が出る。

M_tei02
-[ARCHITREND Z]で作成-

北側(玄関側)からのパース。

ちょっと殺風景だが、要塞みたいでなんかカッコいい。
自分で云うな?? ( ¨)

屋根形状を少し考え直してみようか。(^^)

2012年7月29日 (日)

プレゼン

中身で勝負だぜ~!! (^^)d

と、昨日云ったからには力を入れねばならない。

本日、お客様にプレゼン提出。

狭い敷地の中に、てんこ盛りの要望がきている。
まずは「容積率」と「建ぺい率」についての説明をしなくてはならない。

「この敷地にはこんなに大きな家は建てられないんですよ。。。」

いくつかハウスメーカーからも提案をもらっているらしい。

負けたくない。

中身で勝負だぜ~!! (^^)d

で行こう!!

M_tei
-[ARCHITREND Z]で作成-

より以前の記事一覧

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

akku-i gallery