最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月28日 (土)

土日返上

府中の現場までドライブ。

Hucyu03
雲ひとつない青空に府中刑務所の高い塀がそそり立つ。

花見??

うぅ~~・・残念ですがムリっす。
と、お忙氏のakku-i。

せめて庭に咲く満開のユキヤナギで花見酒といきたいところである。

真っ赤なchikuri号とのコントラストがまぶしい。

Yukiyanagi01

さて図面図面。

2015年3月19日 (木)

タイヤ交換

もう雪降らないよね。
道路凍らないよね。。。

冬タイヤから夏タイヤに交換。

Tyre05

akku-i号とchikuri号の二台分。
タイヤを抱えて地下室からクルマまでヨイショヨイショと合計8往復。

Tyre02

やったねパパ、明日は筋肉痛だ。p(^^)

2015年3月 7日 (土)

鉄筋探査機

住宅検査に使用する機器。

1.ヘルメット(工事がある場合)
2.コンベックス(メジャー)
3.デジタルカメラ
4.上履き
5.安全帯(現場状況により対応)
6.点検鏡
7.クラックスケール
8.表示板
9.ヘッドライトまたは懐中電灯
10.定規
11.双眼鏡
12.脚立(脚立下に敷く物含む)
13.マスク(防塵対策)
14.鉄筋探査機
15.レーザーレベル
16.リバウンドハンマー
17.マスキングテープ(鉄筋探査機使用時)

とまあ・・・検査時に必要な備品は数々ある。
七つ道具ならぬ「じゅう七つ道具」である。

その中でも、とても高価で悩ましいのが「鉄筋探査機」と「リバウンドハンマー」
鉄筋探査機:定価15万円
リバウンドハンマー:定価25万円

既存住宅検査の場合、「リバウンドハンマー」は大規模物件、
つまりマンション等の検査時のみ必要となる。
大規模物件の検査数は比較的少ないのでその都度レンタルで済ませている。

ところが「鉄筋探査機」は小規模の住宅、つまり普通の戸建住宅の検査でも必要な備品なのだ。

15万円はすると聞いてた鉄筋探査機だが、安価な鉄筋探査機を知人に紹介してもらい購入。
これはコンパクトで使いやすい。

早速試してみたら隠れた金属の位置を見事に探知!!

Metal00
「ZIRCONメタルスキャナー MT-6」税込29,160円

なんだ・・・15万もしないのあるじゃねーか。

リバウンドハンマーも2~3万でねーかな。( ¨)

2015年3月 6日 (金)

かつ丼

明日は長男が受験した国立大学の合格発表。

本人はこの十日間「まな板の鯉」「針の筵」状態。

まあ人事を尽くして天命を待つってやつだ、はっはっは。
と、昼飯にかつ米(べい)の大盛かつ丼を買ってきてやった。

Katsudon06

喰え喰え~!!

「食欲がねえ・・」といいながら二時間かけて喰っていた。ゝ(^^)

2015年3月 4日 (水)

大人買い

Major001

MAJOR(メジャー) 全78巻をまとめて購入。

大学受験が終わった長男にせがまれての大人買いであるが・・・

私の仕事にも影響が出そうである。

Major002

2015年3月 2日 (月)

食べ放題

長男の大学受験が終わったのと奥様の誕生日のお祝いを兼ねて焼肉へ。

家族そろっての外食は久しぶりだ。

毎日肉料理でもいい私だが・・・
さすがにそろそろ食べ放題は卒業か。。

食べ放題となるとついつい元が取れたか気になる貧乏性。

満腹。。。苦しい。

息子らの活躍でなんとか元は取れたであろうか。

Aburien01

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

akku-i gallery