最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 通夜 | トップページ | 紫蘇ジュース »

2012年7月 6日 (金)

季節野菜

以前『植物工場管理技術者養成科』で建築CADの講師をしたときのこと、
蛍光灯の光と養液だけで育つ水耕野菜の日々の成長を見守った。

これからの産業として明るい未来を感じたものだ。

気象変動や害虫の被害にあわない「安定供給」「安全性」。
空き倉庫などを利用し、人間による環境コントロール。「空間利用」「高速生産」「周年供給」。

しかし、高額な生産費用や野菜の種類を見るとまだまだ先は長そうだ。
実際、植物工場で生産して採算が合うものとしては『葉菜類』や『ハーブ類』に限られているのが現状。

家庭菜園の野菜が豊作だ。

Yasai01

こういうのを見ると「やっぱり野菜は太陽と土だな」と思ってしまう。
そして「やっぱり季節野菜だな」と思う。

露地栽培の野菜にしても、環境コントロールや長期保存手法の研究で『季節もの』という概念がなくなってきている昨今。

昔は・・・
「大根」「白菜」「ほうれん草」は『冬』。
「キュウリ」「ナス」「トマト」といえば『夏』。
ってのがお決まりだったよな。( ¨)

« 通夜 | トップページ | 紫蘇ジュース »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

◆ おぉ~、自前の旬の野菜で【よしっ !! 料理ろう!!】だな。 ??

で、何、料理んの ?? (。_°)????

■深山 秀明@肩壊れ爺やさん

トマトとキュウリはそのまま食べた。
ナスは麻婆ナスにした。

まだまだ自家製夏野菜が楽しめそうです。(^^)d

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278376/46228384

この記事へのトラックバック一覧です: 季節野菜:

« 通夜 | トップページ | 紫蘇ジュース »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

akku-i gallery