最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 一級建築士定期講習 | トップページ | マンハッタンバーガー »

2011年3月11日 (金)

東北地方太平洋沖地震

被害の大きい地域の方には申し訳ございません。
今日の地震、私の住む埼玉県狭山市は「震度5弱」

地震が起きた時、私は地下室の仕事場で仕事中。
ん!!地震!!・・・大きい。
地下室でこれほど揺れたことは今までない。

閉所恐怖症の私は絶対に地下室に埋まりたくない。
もし命を落とすなら閉所ではなく広い場所で。。。


そんなことを真面目に考えながら1階に駆け上がり外へ。

建物や電信柱がぐらぐら揺れている。

「建物よ倒れてくれるな」と思うのは建築に関わる人間の思いか。
いや、みんなが思ったことだろう。
1995年の「阪神・淡路大震災」は建物の崩壊による被害が大きかった。


揺れが収まり、家の中に戻りテレビをつけた。

「津波」・・・

地震が起きる度に津波警報が発令されるが、
ほとんどが必要以上の警戒に終わっている。

しかし今回の津波。
生中継の映像を見て「うそだろ!?」

おもちゃのような家と車が次々と津波に巻き込まれていく。
合成映像の映画のように畑や道路が飲み込まれていく。
地震の揺れに耐えた建物も、津波の猛威には為す術もない。

もちろん揺れによる建物の崩壊や土砂崩れによる被害もあったが、
今回の地震による被害の多くは「津波」

地震は怖い。
様々な顔を持つ。

意外にビビリな自分を知った。

あらためて地震は怖い。

二次的な被害はぜひとも避けたい。

津波は防ぐことが出来ないが・・・

耐震性の高い建物を設計することは我々に課せられた使命だ。

被災地のみなさんが一日も早く元の生活に戻れますよう。

« 一級建築士定期講習 | トップページ | マンハッタンバーガー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無事で何よりでした。
大阪は、震度3ほどでしたが、私は、ビルの13階で働いていたので、
カナリの揺れを感じ、非常階段を下りて避難しました・・・
津波、本当に恐ろしいですね。
先日、「ヒアアフター」を見たばかりだったので、映画の再現を見ているようでした。

被災地の皆さんのご無事と、早く通常生活に戻れる事を、
心よりお祈り申し上げます。

いやぁ~、今回の地震は、マジ怖かった。 (^^;A

今まで経験した事のない揺れでしたね。長周期波の揺れ
は、震度とは関係ないような ?? 震度5強の地震は何度も

経験してるけど、今回のはそれ以上のような気がします。

やっぱり、震源が海の下だと、津波が発生するので、被害
が更に深刻ですね。

まだ、余震が続く ?? 気を付けましょうね。

■sabarajaさん

ありがとうございます。
sabarajaさんの所は「震度3」でしたか。
地上13階と地下室とは対照的だね。f(^^)

ホント『ヒアアフター』のシーンだね。

『デイ・アフター・トゥモロー』『TSUNAMI-ツナミ-』・・・
私が思い出したのはチャールトン・ヘストン主演の映画『黒い絨毯』
人喰い蟻の大群の行進を思わせた。

怖いね。


■深山さん

揺れたね。
ホントあれほどの揺れは初めてかもしれない。
地震の性質で、揺れの感じ方も被害も大きく変わりますね。

台風と違っていきなりだもんな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1278376/39195730

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震:

« 一級建築士定期講習 | トップページ | マンハッタンバーガー »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

akku-i gallery